話題のニュース達

世間を賑わせる話題のニュース達を紹介!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
風評被害の野菜を社員食堂で
風評被害野菜農家を助けようということで、日本経団連が出荷制限のかかっていない福島・茨城県産の野菜を、会員企業の社員食堂で使うように要請しているそうです。実際、現状のレベルではまさに風評被害というほかない程度の実害ですから、こうしてはっきりと応援の姿勢を示すことが重要だと思います。


 原発事故による風評被害に苦しむ農家の支援に日本経団連が乗り出した。福島、茨城両県産で出荷制限がかかっていない野菜の買い取りを会員企業に要請。社員食堂で使ってもらう。

 両県や農業団体と調整してキャベツやキュウリなどの大量仕入れルートを確保。社食の食材にしたり、社員向け直売会を開いたりするよう促す。安全性のアピールにも一役買う。週内のスタートを準備中の企業もあるという。

http://www.asahi.com/business/update/0406/TKY201104060587.html

日本経団連、福島・茨城県産の出荷制限がかかっていない野菜を、会員企業の社員食堂などで使うよう要請。風評被害の軽減を狙っているようです。



Cセラム 評判
クローン病の症状
ブライダルネット(BridalNet)の評価
| 農業 | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴパンに購入補助
どれぐらい効果があるかはわかりませんが面白い試みであることは確かです。
米の産地である福島県湯川村で、米からパンを作れる製パン機「ゴパン」の購入費半額分を補助することにしたそうです。地元の米でおいしいパンを焼いてもらって、PRに活用していこうという意図のようですが、果たして効果の程はどうでしょうか。


 村特産のコメの消費拡大を図ろうと、福島県湯川村は22日までに、コメからパンを作れる家庭用パン焼き器「ゴパン」を村民が購入する際、半額分を補助することを決めた。村議会臨時会が地産地消推進支援事業補助金を含む補正予算を可決した。メーカーの三洋電機によると、自治体の購入補助は全国で初めて。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110223-00000004-khk-l07

福島県湯川村で、米からパンが作れる製パン機「ゴパン」購入に補助金がつくそうです。地元ののお米のPRの一環として導入されるようですが、効果はともかく面白い試みではあります。



アシアナ航空のマイル
トーハンの年収・給料
いびきと歯周病
| 農業 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
石川の口蹄疫はシロ
石川県の牧場で「口蹄疫か?」と思われる牛が見つかった件ですが、遺伝子検査の結果「陰性」ということで、口蹄疫ではなかったようです。石川の酪農関係者は胸をなでおろしているでしょうね。口蹄疫は非常に感染力が強い家畜の疫病なので、見つかったらその施設内の家畜は全頭殺処分となります。宮崎で猛威を振るったのも記憶に新しい所です。


石川県志賀町の放牧場で口蹄(こうてい)疫の疑いを否定できない症状がある牛が見つかった問題で、農林水産省は12日、遺伝子検査で「陰性」と判明したと発表した。この問題では、同県が11日に放牧場の牛15頭の舌に水疱(すいほう)のような隆起があるのを確認。動物衛生研究所(東京都小平市)に検体を送付し、口蹄疫感染の有無を検査していた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110212-00000071-jij-pol

石川で発見された口蹄疫の疑いありの牛、精密検査の結果、口蹄疫ではないということが判明したようです。関係者は皆胸をなでおろしているでしょうね。



福祉住環境コーディネーターの難易度
カゴメの年収・給料
いびきと高血圧
| 農業 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
合鴨農法の最終展開
農薬なしで病害虫を抑え、除草までしてくれる方法として、田んぼに合鴨のひなを放す「アイガモ農法」ですが、これまでは、育った鴨をどうするかという問題があったようです。
何しろ、最終的に数百羽の合鴨が時期を揃えてお役御免になるので、自家消費が間に合うレベルではありません。
その行き先は大量の飼育放棄や、工業用油の原料など、割と悲惨な末路ばかりということで、まともな食品「合鴨ハム」としての販路を創り上げようとしているようです。


田んぼでカモに除草を助けてもらう「合鴨農法」が日本で広がりつつあるが、成長した鴨をハムや生肉として販売する動きが出てきた。フランス料理でもよく使われる鴨肉は鶏肉にはない風味があり、合鴨農家の間では「カモとコメの『二毛作』で収益をあげていきたい」と期待が高まっている。

このほど、椎名人工孵化場(千葉県横芝光町)と、吉田ハム工場(静岡県吉田町)が提携し、鴨肉ハムの加工・販売を始める。最初の1―2年は、親ガモをハムに加工して、流通ルートを確立する。その後、合鴨農法で育ったカモも農家から買い上げて、このルートに乗せる計画だ

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101123-00000301-alterna-bus_all

アイガモ農法で役目が終わった大量の鴨に使い道。合鴨ハムの製造・販路確保で、アイガモ農法の拡大と農家の収入増の一石二鳥を目指す。



ロッテの年収・給料
トリートメントマスク 口コミ
JTBで一人旅
| 農業 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PR
モバイル
qrcode