話題のニュース達

世間を賑わせる話題のニュース達を紹介!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
熱帯アリ、本州にも進出 横浜で営巣!!
東南アジアの熱帯・亜熱帯にいるアリ。 日本では屋久島、種子島など九州南部で生息が確認されていた。 しかし、今年に入り、東京都武蔵村山市、大阪府箕面市、 岡山県赤磐市、三重県いなべ市など、本州各地で相次いで見つかっていた。 蜘蛛といい蟻といい…温暖化現象なのか… 外国の生物を港で食い止められないのか…今後の対策はどうするのだろう。
熱帯・亜熱帯地域に生息するアギトアリが、今年に入って東京、神奈川、大阪などで相次いで見つかった。温暖化の影響で生息環境が整った可能性があり、アリに詳しい寺山守・東京大学講師は「生態系への影響を調べる必要がある」と話す。  横浜市金沢区の金沢自然公園では2010年から、アゴの大きな見慣れない羽アリが目撃されており、今年7月に営巣しているのを園内にある金沢動物園の職員が発見。寺山講師がアギトアリと確認した。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121121-00000022-asahi-sci
ドクターミュー 酵母エキス いびき グッズ フラセラ正規通販サイト
| 気象 | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
西日本と沖縄 暑い夏と予想
気象庁の予想によると、今年の夏は西日本を中心に太平洋高気圧が張り出して、暑い夏になるだろうという予想のようです。
西日本、特に関西電力はただでさえ電力不足が危惧されており、泣きっ面に蜂になる可能性が出てきました。
ちなみに北日本、東日本は平年並みであるとか。それでも東京電力管内は厳しそうですが。


 気象庁は24日、6〜8月の3カ月予報を発表した。厳しい電力不足が予想される西日本と、沖縄・奄美では、太平洋高気圧が強く張り出す影響で、8月を中心に高温となる。
 北日本(北海道・東北)は6、7月は平年並みだが、8月はやや低温になる。東日本は3カ月とも平年並み。3カ月間の降水量は、東日本ではやや多いが、他は平年並みの見通し。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000103-jij-soci

気象庁の発表によると、今年の夏は西日本と沖縄で「暑い夏」になりそうだということです。関西電力は大丈夫でしょうか。



iPodを直す
食品衛生管理者の資格取得
プレミアムモイストクレンジングミルク 口コミ
| 気象 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
鹿児島・奄美地方で梅雨入り
鹿児島県の奄美地方が梅雨入りしたようです。
昨年よりは1日早いぐらいですが、例年よりは12日早い梅雨入りとなります。
温暖化なのかその他の理由なのかはともかく、これまでの気象の常識は通用しなく成って来ているような気がします。


 気象庁は29日、鹿児島県奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より12日早く、昨年より1日早い。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000040-jij-soci

鹿児島の奄美地方が梅雨入りしたようです。平年より12日も早くなっており、気候が変わってきているようです。



ITパスポート試験の問題集
チック症と子供
丸紅の年収・給料
| 気象 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
米中西部で竜巻 9人死亡
アメリカ中西部イリノイ州やミズーリ州にて竜巻が発生、9人が亡くなる災害となったようです。
ハリスバーグ市では250〜300戸が被害を受け、100人が負傷するほどの損害となったようです。
数年前には日本でも竜巻が起きていましたから、案外人事でもないような気がしてきました。


米イリノイ州、ミズーリ州など中西部を中心とした幅広い地域で28日夜以降、竜巻が相次いで発生し、29日までに被災地で少なくとも計9人の死亡が確認された。米メディアが報じた。
 特に、29日午前に強力な竜巻に襲われたイリノイ州南部のハリスバーグ市では、少なくとも6人が死亡し、約100人が負傷。人口約9000人の同市で250〜300戸の住宅が被害を受けた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120301-00000042-jij-int

米中西部のイリノイ州やミズーリ州が竜巻により大きな被害を受けたそうです。現時点まで合計9人の死亡が確認されているようです。



子ども手当の申請
ビーグレン ニキビ跡
コラーゲン保湿ゲル 評判
| 気象 | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
干上がるアマゾン
温暖化による雨量の変化で、アマゾン川流域が乾燥地帯になってしまう可能性が指摘されているようです。
国立環境研究所によると、ブラジル周辺が3度上昇したとすると、アマゾン川流域で年間1000ミリの水資源が減少するという計算予測が出てきたという話。現在が年間1200ミリの水資源だそうなので、場合によってはアマゾン川と熱帯雨林が消滅という可能性すらあるようです。



 地球温暖化の影響で、緑豊かな南米アマゾン川流域が今世紀末までに乾燥化する恐れがあるとの分析を、国立環境研究所(茨城県)のチームがまとめた。世界有数の熱帯雨林が広がる流域は、野生生物の貴重な生息地となり、二酸化炭素を大量に吸収する「地球の肺」の役割を果たしてきた。生態系の悪化や温暖化の加速が懸念されそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111205-00000009-mai-soci

3度の気温上昇で、1000ミリの水資源減少・・・アマゾン川流域についての計算予測で、温暖化の影響でアマゾン川が消滅する可能性が指摘されたそうです。



フェイスマッサージクリーム 評判
ドライアイのサプリ
ツヴァイ(ZWEI)の口コミ
| 気象 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PR
モバイル
qrcode